家族葬を選ぶ人が増えている|故人の意見を尊重することが大事

メニュー

フラワー

いざという時に悩まない

数珠

葬儀にもマナーがあります。香典を渡す時や、遺族に声をかけるときの適切な言葉を知っておくと、役に立つでしょう。マナーと言っても難しく考えずに基本を抑えておくと困ることもないのです。

もっと読む

自分らしい葬儀にしたい

男性

自分の葬式を自分が望むスタイルであげてもらいたいと考えている人は、葬儀社の生前相談サービスを利用して、生きているうちに自分で葬儀形式を決めておくとよいです。東大阪市には生前相談に対応している葬儀社が複数存在しており、多くの人が利用しています。

もっと読む

新しいスタイルで見送る

ろうそく

核家族が問題となっている現代、埼玉で行われている葬儀のスタイルにも変化が起きています。以前は、多くの参列者がいたが、最近では親族だけで行うことが多く、家族葬や直葬といったスタイルが一般化してきています。特に、直葬は火葬だけを行なうために費用の負担も軽く済むのです。

もっと読む

家族だけで故人を見送る

蝋燭

家族だけで葬式を出す

常日頃から、親子で葬式のやり方を話し合っているケースはそう多くありません。本当は、親が元気なうちに、どのような形式の葬儀にしたいのか、また、誰に葬儀の連絡を入れてほしいのかなどを、キチンと確認しておくのがベストです。しかし、葬儀のことを話題にのぼらせること自体縁起が悪いことだと考える人が多いため、そのようなことを相談しているケースは非常に稀です。その結果、実際に親が亡くなった後になってから慌ててふためく人が大半です。子供が独立して別の場所で暮らしている場合だと、亡くなった親の交友関係を把握していないことも珍しくありません。そんな時は、中途半端に葬儀の連絡を入れるのはやめて、家族だけでひっそりと見送る形をとることをおすすめします。横浜のような大都市では、近年家族葬が流行しています。家族葬を選ぶ理由は様々ですが、横浜では家族だけで営む葬儀が決して特異なものではなくなっています。親の交友関係を調べるためという理由で何日も葬儀を先延ばしすることは好ましくありませんから、とりあえず家族葬で見送りを済ませ、後日落ち着いてから生前親交のあった人に連絡を入れるのがベストです。

なぜ人気になっているのか

横浜のように都市化が進んでいる地域では、地縁による人と人との結びつきがとても希薄になっています。積極的に近所付き合いをする人は少数派で、近所付き合いをほとんどしない人が大半を占めています。高齢者のみで構成されている世帯が増えていることも、人間関係の希薄化に拍車をかけています。そのため、自分の葬儀に参列してほしいと思えるような友人や知人がほとんどいないという人が増えています。このような状態で従来通りの形式の葬儀を営んだとしても、弔問客の少ない寂しい葬儀になってしまうだけです。そういう事情が背景にあるため、横浜では家族葬形式を選ぶケースがとても多くなっています。もちろん、家族葬が好まれる理由がそれだけに限られているわけではありません。家族だけだと余計な気遣いをする必要が全くないので、心残りなく最後の見送りをすることができるというメリットもあります。おまけに、葬儀費用も節約することができます。