新しいスタイルで見送る|家族葬を選ぶ人が増えている|故人の意見を尊重することが大事

家族葬を選ぶ人が増えている|故人の意見を尊重することが大事

メニュー

蝋燭

新しいスタイルで見送る

ろうそく

縮小化・簡略化している

一昔前までは、お葬式は大きな規模で参列者が大勢いることがよいとされていました。近年は葬儀の形は多様化し、ならわしや宗教にとらわれず簡略化・縮小化の傾向にあります。その理由には、核家族が増え、血縁や地縁が希薄になっていることや、少子高齢化がすすみ個人と社会の関わりが希薄になっていることなどが挙げられます。一方で小規模でも故人らしさや遺族の希望に沿った葬儀を望む埼玉の人が増加しています。特に埼玉などの都市圏では家族葬、直葬が増えています。家族葬は遺族や故人と親しかった人達だけで行う少人数な葬儀です。遺族が会葬者への対応で疲れ果てることもなく、静かにお別れし故人を見送ることができます。直葬は火葬だけの葬儀です。葬儀を行わないため普通の葬儀よりも格段に費用が安いという利点がありあます。

十分な検討と話し合いを

無宗教形式の葬儀を望む埼玉の人が増加しています。祭壇に故人の好きだった花で飾ったり、BGMで生前故人が好きだった曲を流したり、こだわりのあるところにはとことん経費をかけますが、削れるところはなるべくお金をかけない融通性が利点です。しかしこの場合は親族の理解を得られなかったり、慣れないことで参列者が戸惑うこともあるでしょう。式が間延びしてしまうことも少なくないため、遺族の意向を良く聞いて具体的な提案をしてくれる埼玉の葬儀会社を選ぶことが最も重要になります。また葬儀の後の供養が定まっていないので、遺族の気持ちの区切りがつかないこともあります。様々なトラブルを避けるためにも十分な検討と納得のいく話し合いが大切です。