いざという時に悩まない|家族葬を選ぶ人が増えている|故人の意見を尊重することが大事

家族葬を選ぶ人が増えている|故人の意見を尊重することが大事

メニュー

蝋燭

いざという時に悩まない

数珠

マナーを知っておく

お葬式に関することは人には中々聞けないですし、周囲の人もそれほど詳しいわけではありません。家や地域の昔からの風習やしきたりを守った厳然たる葬儀、家族や友人だけの少人数で営む葬儀、生前の故人の希望を反映させた個性的な葬儀、さらに神道やキリスト教で執り行われる葬儀など、葬送の形も規模も様々で、どのように振る舞えばいいのか悩んだり迷ったりすることもしばしばあります。しかし、マナーは苦手という人もあまり堅苦しく身構える必要はありません。他の人に不快な思いをさせたり、周囲の自然な流れや和を乱すことはしないという基本さえしっかりと押さえればいいのです。いざという時にうろたえたり縮こまってしまわないために、故人を悼み見送る気持ちを自然の所作や態度で表すマナーを知っておくことが大切です。

お悔やみの言葉をかける

通夜や葬儀の式場についたらまずは受付で香典を差し出します。この時に「ささやかですが、ご霊前にお供えください」などと言葉をかけます。受付係は遺族の代わりでもあるので、「この度はご愁傷様でございます」と言ってもかまいません。悲しみに暮れている遺族には目礼するだけで気持ちは伝わりますが、声をかける時には、個人を偲ぶ気持ちを簡潔に述べるだけでいいです。遺族は沢山の人から声をかけられ、たいへん疲れているので長くくどくどと話さないことがマナーです。告別式では話す時間がない場合が多いですが、通夜では遺族の方から話しかけてくることもあります。そのような時には黙って時間の許す限り聞いてあげることが遺族への思いやりです。