自分らしい葬儀にしたい|家族葬を選ぶ人が増えている|故人の意見を尊重することが大事

家族葬を選ぶ人が増えている|故人の意見を尊重することが大事

メニュー

蝋燭

自分らしい葬儀にしたい

男性

生前相談

葬式の主役は既に亡くなった人です。改めて言うまでもないことですが、主役自身は既に死亡していますので、何もすることはできません。立派な祭壇が設けられていたとしても、自分の目でそれを見ることはできません。また、弔問に来てくれた知人と言葉を交わすことも不可能です。それだけならばまだしも、自分の希望とは全くかけ離れた形式で葬式を行われてしまう可能性もあります。遺族の好きなようにすればよいと割り切れる人であればよいですが、自分のポリシーに反する形式の葬式にされてしまうのは嫌だという人は、葬儀社に生前相談しておくとよいです。東大阪市には、葬式の生前相談に対応している葬儀社がいくつかあります。元気なうちに自分自身で葬式のやり方を決めておくことができるため、東大阪市では多くの人が生前相談サービスを利用しています。

やっておくこと

東大阪市にある葬儀社で葬式の生前相談をすると、死後に自分の遺志を無視されないようにするための具体的な対策をレクチャーしてもらうことができます。たとえ生前相談の席で自分の葬式のやり方を決めておいたとしても、そのことをあらかじめ遺族にキチンと伝えておかないと、全く別の形式で葬式を出されてしまう恐れが出てきます。生きているうちに自分の口で直接伝えておくのがベストですが、家族と離れて暮らしている場合はエンディングノートに自分の希望を書き込み、見つかりやすい場所にノートを置いておくようにするとよいです。東大阪市では、生前相談で自分の葬儀形式を決めておいたのにもかかわらず、故人の遺志が遺族に伝えられていなかったせいで、全く違う形式の葬儀が営まれてしまうケースがしばしば起こっています。でも、葬儀社のスタッフに相談すれば、そうならないための具体的な手立てを教えてもらうことができます。